【2020 新作】 BOSE POWER SHARE PS604A 600W 4CH 設備用パワーアンプ-PAシステム

ABOUT

【2020 新作】 BOSE POWER SHARE PS604A 600W 4CH 設備用パワーアンプ-PAシステム

【2020 新作】 BOSE POWER SHARE PS604A 600W 4CH 設備用パワーアンプ-PAシステム

ABOUT

【2020 新作】 BOSE POWER SHARE PS604A 600W 4CH 設備用パワーアンプ-PAシステム

【2020 新作】 BOSE POWER SHARE PS604A 600W 4CH 設備用パワーアンプ-PAシステム


BOSE POWER SHARE PS604A

600W 4CH 設備用パワーアンプ

 PS604Aは出力600Wをチャンネル間で自由に割り振りできる固定設備向けの4チャンネルアンプです。各チャンネルでは、出力レベル、EQ、出力インピーダンス(ハイ/ロー)の切り替えなどを独立して調整可能。また、スピーカープロセッシング機能を搭載し、リモート操作用のゾーンコントローラーを直接接続できるため、多くのアプリケーションで外部のシグナルプロセッサーを必要としません。その一方で、評価が高いPowerMatchシリーズから受け継いだボーズ独自のテクノロジーが、卓越した音響性能と信頼性を提供します。


■PowerShareテクノロジー

 特許取得済みのPowerShareテクノロジーにより、合計600Wのパワーをすべての出力に振り分け可能で、各出力でフルパワーを提供できます。これにより、最も大きなパワーが必要とされるゾーンやスピーカーを基準としてアンプの出力を決めるのではなく、総出力から必要なパワーを必要な場所に自由に使うことができます。また、余ったパワーも有効に活用できるので、導入時の音響設計だけでなく、設置後の予定外の変更にも柔軟に対応できます。


■自由自在のインピーダンス設定

 ブリッジ接続、ジャンパー、ソフトウェア設定のいずれも必要とせずに、各チャンネルをローインピーダンス(4~8Ω)またはハイインピーダンス(70/100V)で使用可能です。


■DFLシステム

 定評の高いBose PowerMatchアンプシリーズのデュアルフィードバックループシステム(Dual Feedback Loop system)を継承し、各出力に送られる電流と電圧、両方の継続的な監視と制御を通して、高いパフォーマンスを確保します。この組み合わせは、リニアリティーの向上、歪みの軽減、そしてスピーカーの保護を同時に実現します。


■専用ソフトウェアPowerShare Editorによるスピーカープロセッシング

 PowerShare Editorソフトウェアを使用し、スピーカーEQ、9バンドPEQ、ミキサー、クロスオーバー、ディレイ、出力極性、ミュート極性の設定をUSB経由でコントロールできます(但し、リアルタイム動作には非対応)。また、PCを使用しない場合でも、リアパネルでの設定により基本的なセットアップが可能で、出力チャンネルごとに、BoseスピーカーEQの呼び出しができます。こうした機能により、多くのアプリケーションで、外部のシグナルプロセッサーが不要になります。


■自動スタンバイ機能

 使用していないときには消費電力を節約するように設計されています。PowerShareアンプは、音声信号が設定されたしきい値を下回ったときに自動的にスタンバイモードになるように設定できます。スタンバイモードは音声信号が戻ったときに自動的に再始動します。


■AmpLink搭載

 AmpLinkは、ボーズプロセッサーとアンプの間で使用する新しいデジタルオーディオ伝送ソリューションです。AmpLinkは、標準のCAT 5ケーブルとRJ-45コネクターを使用して、Bose ControlSpaceプロセッサーからAmpLink搭載のアンプまで、最大24チャネルのゼロレイテンシ、48 kHzデジタルオーディオを伝送します。ラック内機器の間でオーディオを接続するために設計され、ケーブル長は最大10mです。AmpLinkには、最大8台までデイジーチェーン接続するためのTHRU接続が用意されています。

仕様概要

■定格出力

アンプ出力(*):4×150W

チャンネルあたりの最大出力:600W @ 4~8 Ω、70/100V

ゲイン(Low-Zモード):32 dB、ユーロブロック(バランス)入力

ゲイン(70Vモード):35 dB、ユーロブロック(バランス)入力

ゲイン(100Vモード):38 dB、ユーロブロック(バランス)入力

(*)すべてのチャンネル駆動、THD+N < 0.04%、1 kHz、4~8 Ω、70/100V


■オーディオ性能

周波数特性:

 4~8Ω:20 Hz~20 kHz(+/- 0.5 dB、@ 1W)

 70/100V:4~8 Ω時と同じ(但し、50 Hzハイパスフィルター適用)

チャンネル分離(クロストーク):> 85 dB @ 1 kHz、> 65 dB @ 20 kHz

ダイナミックレンジ:100 dB(定格出力時、A-weighted)


■オーディオ入力

入力チャンネル:バランス(x4)、デジタル(x24)

コネクター:ユーロブロック(12ピン)、RJ-45(入力)

入力インピーダンス:20 kΩ(ユーロブロック)

最大入力レベル:20 dBu(12 dBu感度設定時)

感度:バランス入力:4または12 dBu


■オーディオ出力

出力数:4、デジタル(x24)

コネクター:ユーロブロック(8ピン・オス)、RJ-45(スルー)


■DSP

A/DおよびD/A変換器:24ビット/48kHz

DSP機能:標準ミキサー、スピーカーEQ、リアルタイム9バンドパラメトリックEQ、Vpeak/Vrmsリミッタ―、ディレイ、バンドパス、ミュート極性、出力極性

スピーカープリセット:Flat、DS16、DS40、DS100、FS3B、402、802、MA12EX、RMU105およびRMU108

オーディオレイテンシー:1ms(任意の入力からスピーカー出力)


■インジケーターおよびコントロール

POWER LED:

INPUT SIGNAL LED:

OUTPUT LIMIT LED:

コントロール、フロントパネル:電源オン/オフ

コントロール、リアパネル:アンプモードDIPスイッチ、スピーカーEQダイヤル、出力レベル調整


■電気的仕様

電源電圧:100~240VAC(±10%、50/60Hz)

消費電力:120 VAC:14W(スタンバイ)、700W(最大)、230 VAC:14W(スタンバイ)、700W(最大)

電源コネクター:標準IEC(C14)

最大突入電流:14.14 A(230 VAC/50 Hz)、8.04 A(120 VAC/60 Hz)

保護:高温、出力ショート、超高周波(EHF)、過度に低いまたは高い電源電圧


■物理的仕様

サイズ:高さ44×幅483×奥行414(mm)

質量:約6.4kg

冷却システム:マイクロプロセッサ制御、複数の可変速度ファン、左から右への空冷


■その他

入力(制御):

 リモート入力(RJ-45):音量調節のためのCC-1 ControlCenterゾーンコントローラーまたはCV41接続用

 USB入力:PowerShare Editorソフトウェアでのアンプ設定用

 ミュート入力制御

関連タグ:ボーズ BOSE PS604A PS-604A

仕様詳細・対応動作要件は、本製品メーカーサイト情報をご参照の上、お買い求めください。

BUSINESS

【2020 新作】 BOSE POWER SHARE PS604A 600W 4CH 設備用パワーアンプ-PAシステム

【2020 新作】 BOSE POWER SHARE PS604A 600W 4CH 設備用パワーアンプ-PAシステム

NEW PRODUCTS & TOPICS

移動可能ドッグケージ アルミ製 アルペットAL-P105【代引不可】

SUPPLIERS

ミニモ 電着ダイヤモンドドレッサー 平3粒度タイプ (1本) 品番:PA4112

アドメイト ヴィラフォート 2ルームパピーサークル【ペット用品】

© 2015 【2020 新作】 BOSE POWER SHARE PS604A 600W 4CH 設備用パワーアンプ-PAシステム. All Rights Reserved